PCにあるフォルダを丸ごとiphone/ipadに転送したい

フォルダを丸ごと転送したいですよね?

 パソコンに大量のPDFファイルを持っています。当然ですが、ある程度のフォルダ分けをして管理しています。PDFをタブレットで読むとしたら、フォルダ構成をそのまま維持して転送したいものです。しかしitunesはフォルダ転送ができませんし、そのあたりのアプリをいじってみても、機能がついていないか、すぐには分からない状況です。そこで、「フォルダをそのままタブレットに」を実現する方法を3つまとめておきます。

iExplorerで転送

 機能的にはこれで解決かもしれません。
https://macroplant.com/iexplorer

このソフトをインストールして起動し、iPhoneとPCをケーブルで接続します。すると普通のエクスプローラーのように、iphoneの中身が見えます。目当てのアプリの中に、移したいフォルダをドラッグアンドドロップすれば、それで転送完了です。

利点

・問答無用でフォルダを移す
・アプリを選ばない
・ケーブル接続なので転送が早い。

難点

・英語
・動作が強力なだけに何か不具合を起こさないか不安

GoodReaderならネットワークドライブを活用

GoodReaderには、wifi転送機能がついています。これを使った場合には、フォルダをまるごと転送することが可能になります。

やり方については、こちらのサイトさんなどが分かりやすいと思います。
http://goodreader.no-tsukaikata.com/file_transfer_save/wifi_transfer/nerwork_drive/

利点

・実現する
・無難

難点

・goodreaderは有料
・goodreaderの機能には賛否あり
・うまく認識されないときがある(私だけかもしれませんが…)
wifiなので速度が落ちる

Documentsなら、dropboxなどからダウンロードか

Documentsの場合には、wifiでつないでも、ファイルは一個ずつしかアップできません。そのかわり、「ダウンロード」というコマンドがあります。これを使うと、dropboxなどのストレージに接続し、そこからフォルダをまるごとダウンロードできます。
よって、dropbox上などにデータがあるならば、ダウンロードすればOKです。オフラインでデータを持っている場合には、一旦アップロードしてからダウンロードということになります。

利点

・実現する
dropboxなどを使っていればダイレクト
・安定
・Documents自体評判が良いアプリ

難点

・オフラインデータの場合は一旦アップロード
wifiなので速度が落ちる

まとめ

「ここにPDFがいっぱいある→とにかくタブレットに移したいんだ」という場面はあるのではないでしょうか。上の3つが一応の解決策です。私自身は、以前はiExplorerで転送していましたが、最近はDocuments×ダウンロードで実践しています。クラウド上にデーター持っていることも多いですので。