読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縦置きディスプレイのメリット

縦置きの強力さ

ディスプレイの縦置きは強力な武器になります。

理由
・ウェブサイトは普通は縦長である(1920も無い。せいぜい1000くらい)
・横書きの文章作成も、縦に進む(たとえば横は40文字で折り返す。)
・横書き文書のPDFも縦長である(1枚表示なら、縦長のほうが見やすい)

縦置きは、横置きに比べて死にスペースが少なくなるのです。

1600×1200がよかった

少し古いものですが、1600×1200の21インチディスプレイを持っています。これが縦置きにすると、実によい具合なのです。

私はそれとは別に、1920×1080の24インチも持っています。しかしこれを縦置きにすると、、、デカい。上が高すぎるのですね。そして横が狭くてなんだかアンバランスです。A4のPDFを表示させると、上下が結構余ってしまいます。死にスペースが生まれて有効活用できていません。

こんな感じです。

f:id:sipw77gqs:20170129170249p:plain

4:3はもう手に入りませんが、せめて16:10とか、縦の比率が少しでも高いものにするほうがいいと思います。

横長がよいときは?

ちなみに横長が良いは以下のようなときです。
・横に長いエクセルなどを一気に見る
・2枚のウインドウを広げて、左右で作業をする
・PDFを2ページ表示で閲覧する
・エンターテインメント(仕事じゃない)