読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンダーバー(アンダースコア)をワンタッチで入力する方法

アンダースコアは入力しづらい

プログラミングをやっていると、アンダーバー(正しくはアンダースコア)をよく入力します。
これ→「_」です。
デフォルト状態では、キーボードの右下のバックスラッシュ(「ろ」)が割り当てられています。

これって入力しづらいですよね?シフトを押しながら、「ろ」の位置を叩かないといけないのです。みなさん、キーボード見ないでぱっと叩けます? 自分は無理です。だいたい手元見ながら押してました。
アンダースコアみたいに入力頻度の高いキーがこんなに入力しづらいというのは大問題です。対策を考えてみました。

工夫1:キーボード配置をいじる

まず、キーボード配置を変えるという方法を思いつきます。
もっと使いやすい位置に持って来るわけです。
候補としては、「;」(「れ」のキー)とか、「変換キー」とか、「capslock」とかになってくると思います。このあたりに、「ろ」のキーを割り当ててしまいます。元のキーは適宜の場所に割り当てなおします。
これでアンダースコアのキーが手近なところに移動してくるので、ひとまず、「手元見ながら押す」という能率の悪い事態からは脱出できます。

キーボード配置変更は、フリーソフトがいくつかあります。
私は「keyswap」というソフトを使いました。
KeySwap for XPの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

工夫2:キーボード配置変更+秀丸マクロでワンタッチ化

ところで上の工夫をしても、まだ難点があります。
アンダースコアはシフトキーを押さないといけないのです。よく使うキーなのだから、シフトキー無しでワンタッチといきたいところです。

キーボード配置変更ではたぶん、自動でシフトキー付きの文字を入力させるところまでの変更はでません。自分の場合はエディタはほぼ秀丸一本なので、秀丸のマクロでアンダースコアを入力させることにしました。

マクロそのものはめちゃ簡単で

insert "_";

でおしまいです。

あとはマクロをショートカットキー登録するわけですがここで一工夫。
秀丸マクロは、ctrl・shift・alt無しでショートカット登録できるキーが限られています(たとえば、Aのキーを押したらいきなりマクロが起動するようにはできない)。使えるキーを眺めていると、「ins」という使わないキーの名前を発見しました。
そこでアンダースコアマクロをinsに割り付けておき、キーボード配置変更を使って、
「;」→ins
に変更してやりました。

めでたく
「;」を叩くと、ins=アンダースコア入力
が完成です。
「;」キーは誤爆しづらいキーですし、エディタ上でしか使わないから大丈夫でしょう。

キー配置は好みに合わせて決めてくださいね。

PCにあるフォルダを丸ごとiphone/ipadに転送したい

フォルダを丸ごと転送したいですよね?

 パソコンに大量のPDFファイルを持っています。当然ですが、ある程度のフォルダ分けをして管理しています。PDFをタブレットで読むとしたら、フォルダ構成をそのまま維持して転送したいものです。しかしitunesはフォルダ転送ができませんし、そのあたりのアプリをいじってみても、機能がついていないか、すぐには分からない状況です。そこで、「フォルダをそのままタブレットに」を実現する方法を3つまとめておきます。

iExplorerで転送

 機能的にはこれで解決かもしれません。
https://macroplant.com/iexplorer

このソフトをインストールして起動し、iPhoneとPCをケーブルで接続します。すると普通のエクスプローラーのように、iphoneの中身が見えます。目当てのアプリの中に、移したいフォルダをドラッグアンドドロップすれば、それで転送完了です。

利点

・問答無用でフォルダを移す
・アプリを選ばない
・ケーブル接続なので転送が早い。

難点

・英語
・動作が強力なだけに何か不具合を起こさないか不安

GoodReaderならネットワークドライブを活用

GoodReaderには、wifi転送機能がついています。これを使った場合には、フォルダをまるごと転送することが可能になります。

やり方については、こちらのサイトさんなどが分かりやすいと思います。
http://goodreader.no-tsukaikata.com/file_transfer_save/wifi_transfer/nerwork_drive/

利点

・実現する
・無難

難点

・goodreaderは有料
・goodreaderの機能には賛否あり
・うまく認識されないときがある(私だけかもしれませんが…)
wifiなので速度が落ちる

Documentsなら、dropboxなどからダウンロードか

Documentsの場合には、wifiでつないでも、ファイルは一個ずつしかアップできません。そのかわり、「ダウンロード」というコマンドがあります。これを使うと、dropboxなどのストレージに接続し、そこからフォルダをまるごとダウンロードできます。
よって、dropbox上などにデータがあるならば、ダウンロードすればOKです。オフラインでデータを持っている場合には、一旦アップロードしてからダウンロードということになります。

利点

・実現する
dropboxなどを使っていればダイレクト
・安定
・Documents自体評判が良いアプリ

難点

・オフラインデータの場合は一旦アップロード
wifiなので速度が落ちる

まとめ

「ここにPDFがいっぱいある→とにかくタブレットに移したいんだ」という場面はあるのではないでしょうか。上の3つが一応の解決策です。私自身は、以前はiExplorerで転送していましたが、最近はDocuments×ダウンロードで実践しています。クラウド上にデーター持っていることも多いですので。

縦置きディスプレイのメリット

縦置きの強力さ

ディスプレイの縦置きは強力な武器になります。

理由
・ウェブサイトは普通は縦長である(1920も無い。せいぜい1000くらい)
・横書きの文章作成も、縦に進む(たとえば横は40文字で折り返す。)
・横書き文書のPDFも縦長である(1枚表示なら、縦長のほうが見やすい)

縦置きは、横置きに比べて死にスペースが少なくなるのです。

1600×1200がよかった

少し古いものですが、1600×1200の21インチディスプレイを持っています。これが縦置きにすると、実によい具合なのです。

私はそれとは別に、1920×1080の24インチも持っています。しかしこれを縦置きにすると、、、デカい。上が高すぎるのですね。そして横が狭くてなんだかアンバランスです。A4のPDFを表示させると、上下が結構余ってしまいます。死にスペースが生まれて有効活用できていません。

こんな感じです。

f:id:sipw77gqs:20170129170249p:plain

4:3はもう手に入りませんが、せめて16:10とか、縦の比率が少しでも高いものにするほうがいいと思います。

横長がよいときは?

ちなみに横長が良いは以下のようなときです。
・横に長いエクセルなどを一気に見る
・2枚のウインドウを広げて、左右で作業をする
・PDFを2ページ表示で閲覧する
・エンターテインメント(仕事じゃない)

行方不明になったウインドウを探すにはどうしたらよいか

デュアルディスプレイを使っているときに発生することですが、

 ウインドウが画面外に消えてしまった

という事態が起きます。
解消法は簡単です。

タスクバーには、そのアプリは表示されているはずです。クリックします。
そして、
 alt+スペース
を押します。

すると、「元のサイズに戻す」とか「移動」とか書いたコマンドが表示されるはずです。ここで、「移動」を選択します。これで、キーボードの矢印キーを押すとウインドウがそれにしたがって動くようになります。適当に左とか右に矢印キーを押し続けます。画面上にウインドウが出てくるはずです。
適当なところに来たら、クリックするか、enterキーを押してください。これでウインドウの場所が確定します。

ちなみにこのコマンドは結構便利です。
ウインドウが中途半端に大きくなってしまってマウスで動かせないというようなときには、「サイズ変更」を選択します。すると矢印キーを押すだけで、ウインドウサイズが小さくできます。

【天道】三年くらい眺める法

しばらく「眺める」

プレイを始めたら、何もしないで3年くらい時間を流し、ひたすら周囲を観察してみるという方法があります。何年何月に何が起きたかをメモしておきます。
・放っておくと自分がいつ頃攻められるのか
・どのあたりにチャンスが訪れるか
・あの大勢力はどのくらいのペースで大きくなるのか、どんな技術をとられるのか
こういったことが分かります。

横取り作戦

横取り作戦というのがあります。隣の国の城が、別の勢力から攻められたとします。そしたら自分はその城からちょっと離れたところに攻撃力の高い部隊を用意して待機しておきます。城が落ちたら速攻で攻め入ります。
すると、城壁が無いので非常に簡単に攻略できます。フィールドでぶつかると手強い武将でも、城にこもっている状態ならさして怖くありません。

横取りのメリットをまとめます。
・城壁の破壊力を考えないでいい。部隊攻撃力優先でOK。
・傷兵や物資が2重に手に入る(旧勢力+新勢力)
・攻略が早いので、兵も兵糧も節約できる
・新勢力の近隣の城はガラ空きのことが多いので、続けて侵攻もアリ(攻め込んだから)

改めて見ると、いいことずくめですね。

真田の場合

1582年真田(イベ無し)でやった場合、1年以内には織田が富山城(上杉)に侵攻することが分かりました。
この情報があればたとえばこんな作戦がたちます。

Aパターン
・早めに春日山を落としておく。
・織田が富山に攻め入ったらそこを横取り
・がら空きになった七尾、尾山などを攻め取る

Bパターン
・織田が富山に攻め入ったところで、春日山から上杉が援軍を出すので、春日山を簡単に落とす
・以下Aパターンと一緒

1582年真田の場合、上杉を早めに吸収できると内政が一気に進みます。
七尾、尾山に続けて攻め入るか、新発田を落として上杉家臣の吸収を優先するか。悩みどころですね。今度両方試してみます。

【天道】黄金大仏と攻略の境目

黄金大仏をとったらクリアが見えてきます。
農村5つというのが一つの目安になると思います。農村5つというのは、寺24個+畑その他16個の数字です。

いま国の数ではなくて、農村の数で言いました。
ここは天道の醍醐味ですが、天道は城を落とさなくても、集落を落とすことが可能です。
多少強引でも切り取って、集落を増やすと安定期に入れます。
イメージとしては「2国保有プラス集落数個切り取り」ができればだいぶ違います、

1582年鈴木でプレイしたときはこんな具合でした。
筒井を落とす→そのまま騎馬隊錐行を使って、周辺の集落を切り取る→砦で塞ぐ
集落が5つくらい取れます。5つ集落が取れたら国力は段違いになります。

前線の集落はとられやすいので、畑や市を優先的に設置します。
畑も市もコストが低いです(一度季節が変われば金銭的には元が取れます)。
ここで収益を確保しておいて、後方の集落に高額施設を設置します。寺も後方の集落に設置していきます。

【天道】黄金大仏のすすめ

信長の野望天道です。

天道の文化の開発ですが、寺を優先し、かつ、黄金大仏に一気に行くのがいいと思っています。
黄金大仏に必要な寺は24個。つまり、村落3つを寺で埋めればOKです。

このゲームはやはり兵数が重要になります。侵攻に大兵力は必ずしも必要ではないですが、A→B→Cと攻め進むときに、もとの城から兵がいなくなると攻められてしまいます。守りつつ攻めるということをやるために、どうしても兵が必要になります。

・村落開発→村落が高速で育つ
五重塔→引き抜き、一揆の防止は強力
・黄金大仏→徴兵1.5倍という強力効果

こういう具合に無駄がありません。

どこかの城を募兵拠点に定めたら、そこに周辺の集落をどんどん接続します。そして、兵舎や道場をしっかり建てていきます。高統率の武将を使って、1募兵で4000くらい集まるようにできれば非常に安定した攻略ができます。

村落開発がありがたい理由の一つに、実は畑は結構頼もしいという話があります。
序盤はあまり金を使いたくないもの。畑は金100の投資で、季節ごとに400の兵糧が入ります。村落一個を畑で埋めれば毎月3200です。悪くない収入です。
村落は「村落開発」があるので、再開発が非常に簡単です。畑が用済みになったら、寺なり水田なりに建て直せばよいです。なにせ畑は金100ですので気楽にやれます。


・村落数が少ないうちは、とりあえず寺4つ。残りは畑で埋める
・村落数が増えてきたり、匠の町に建てた漁戸や水田で兵糧が確保できてきたら、畑をつぶして一気に寺を建てる
こんな流れになります。

黄金大仏までに24個の寺を建てるので名声プラス72となり、名声のワンランクアップも期待できます。